豊田で法律問題でお悩みの方は「弁護士法人心」まで

弁護士法人心 豊田法律事務所

任意整理のメリット、デメリット

  • 文責:所長 弁護士 武田彰弘
  • 最終更新日:2021年8月10日

1 任意整理とは

任意整理とは、完済までに発生する将来の利息の免除や長期間の分割返済をする和解の成立を目指して、各債権者と個別に交渉を行うことをいいます。

ここでは、任意整理を検討されている方へ向けて、任意整理のメリット、デメリットをご説明します。

2 任意整理のメリット

⑴ 資料の提出を求められることがほとんどない

任意整理は、自己破産や個人再生と異なり、裁判所を通じた手続きではありませんので、資料の提出を求められることがほとんどありません。

したがって、自己破産や個人再生のように資料の収集や必要書類の作成等の手間がかかりません。

⑵ 家族に内緒で進めることができる

任意整理は、資料の提出を求められることがないことから、同居の家族の協力も必要なく、家族に内緒のまま進めることが可能です。

⑶ 費用が比較的安く抑えられる

任意整理は、自己破産や個人再生と比較すると、費用を安く抑えることができます。

当法人の場合、1社あたり4万4000円(税込)でご依頼いただけます。

⑷ 任意整理の対象とする債権者を選べる

自己破産や個人再生の場合、すべての債権者を手続の対象としなければなりません。

そのため、自動車ローンが残っている場合や親族、友人等から借り入れがある場合も一律に返済をすることができなくなってしまいます。

他方で、任意整理の場合、その対象とする債権者と対象としない債権者を選ぶことができますので、任意整理せずにそのまま支払を続けたい債権者がいる場合におすすめです。

3 任意整理のデメリット

⑴ 信用情報に載る

任意整理をすると、最短でも弁護士に依頼してから5年間、最長で完済してから5年間、信用情報センターに任意整理をした旨の情報が掲載されます。

そうすると、新たな借入れやクレジットカードの利用をすることが困難になり、ローンの審査も通りにくくなります。

⑵ カードが使えなくなる

任意整理の対象としたカードは、基本的には利用できなくなります。

⑶ 銀行口座が凍結される

銀行や銀行系列の金融機関を任意整理の対象とすると、銀行口座が凍結される可能性があります。

4 任意整理のご相談は弁護士法人心まで

任意整理についてご検討されている方は、当法人の無料相談をご利用ください。

  • 電話法律相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ