豊田で『自己破産』に強い弁護士をお探しの方はお気軽にご相談ください!

弁護士による自己破産@豊田

  1. 続きはこちら
  2. 続きはこちら
  3. 続きはこちら
  4. 続きはこちら
  5. 続きはこちら

お客様相談室

豊田での自己破産のご相談

自己破産をお考えの方に安心してご相談いただくことができるよう、当法人は担当から独立する形でお客様相談室を設置しています。もしも気がかりなことがありましたらご連絡ください。

自己破産の電話相談

すぐに豊田の事務所でご相談いただくということが難しい場合もあるかと思います。まずは電話相談でお悩みをお話しいただくこともできますので、ご利用ください。

Q&A

Q&A一覧はこちら

自己破産に関する疑問がある方へ

Q&Aという形式で、自己破産について疑問に思われることが多い点についてお答えをしています。まずはこちらをご覧になり、よろしければ弁護士にもご相談ください。

弁護士紹介へ

自己破産のご相談

自己破産の手続きがスムーズに進むよう、当法人の弁護士がしっかりと対応させていただきます。こちらからは弁護士紹介をご覧いただけます。

スタッフ紹介へ

丁寧に対応させていただきます

弁護士へのご相談が初めてという方もいらっしゃるかと思いますが、弁護士・スタッフともに丁寧に対応させていただきますので、ご安心ください。こちらはスタッフ紹介のページです。

当法人の事務所について

駅近くに事務所があり、付近に駐車場もありますので、電車とお車どちらでもお越しいただくことが可能です。ご来所の際にはこちらで所在地をご確認ください。

新着情報

ご相談の受付について

当法人では、平日の夜や土日祝にもご相談のお申込み受付を行っております。年末年始等で変更がある場合には、こちらでご案内をしておりますので、ご覧ください。

自己破産の相談をする場合に必要となる情報

  • 文責:所長 弁護士 武田彰弘
  • 最終更新日:2022年5月13日

1 自己破産の相談に必要となる情報

借金問題についてお困りで、弁護士に自己破産について相談したいが、弁護士に的確なアドバイスを受けるために、相談にあたってどのような準備をしておいたらよいか知りたいという方へ、自己破産の相談の際に必要となる情報についてまとめました。

2 借金に関する情報

⑴ 借入先の債権者名

まず、自己破産をする際、裁判所にどこの債権者からいくら借り入れをしているかを一覧にして報告しなければなりません。

借入金額については、弁護士が債権者へ通知を発送すれば教えてくれますので、相談の際に正確な金額を把握しておく必要はありません。

他方で、借入先の債権者に漏れがあった場合、その債権者からの借金には破産の効果が及ばず、借金が残ってしまう可能性がありますので、債権者は漏れなく把握しておく必要があります。

なお、借入れが古く、どこから借り入れをしていたか覚えていないという場合には、信用情報センター(CIC、JICC、全国銀行協会があります。)に情報の開示をすることにより得られる情報も役立ちます。

⑵ 借金が増えた事情

自己破産をする場合、浪費、ギャンブル、投資等によって借金が増えていった場合には、破産管財事件となる可能性や、免責不許可事由に該当する可能性もあります。

これらの見通しを判断するにあたり、どのような事情で借金が増えていったのかを見つめ直していただく必要があります。

3 生活状況

自己破産をするにあたり、月々の収入、ボーナスがいくらくらいあるのか、日常生活費にいくらかかるのか、といった生活状況を把握しておく必要があります。

これは、収支状況が赤字であれば、免責されたとしても経済的に立ち直ることができませんし、浪費ととらえられるような支出があると免責が認められない場合もあり得ますから、生活費の内訳を可能な限り把握しておいた方がよいでしょう。

4 財産状況

自己破産をする場合、一定の金額以上の財産は処分して、債権者への配当へ回す必要があります。

したがって、どのような財産があるか、その財産の価値・金額はいくらなのかを可能な限り把握しておくと、処分の対象となるか否かの予測を立てることができます。

5 まずはご相談ください

自己破産の相談をする際、これらの情報があれば、より詳しい見通しを立てることが可能ですから、事前に把握しておくとより充実した相談になると思います。

もっとも、すべての情報を正確に把握していなくても、借金問題でお悩みであれば、弁護士に相談することで解決への道筋を見つけることができる場合も多いですので、まずは弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。

パチンコで借金が増えた方の自己破産

  • 文責:所長 弁護士 武田彰弘
  • 最終更新日:2022年5月9日

1 パチンコで借金が増えても自己破産できる

借金でお悩みになっている方の中には、パチンコで借金が増えた場合は自己破産ができないと聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

たしかにパチンコによる借金は、そうでない場合と比べて、自己破産をして裁判所に免責(借金がゼロになる決定)が認められるハードルが高くなります。

しかし、パチンコによる借金であっても、免責が認められることは決して珍しくありません。

2 免責不許可事由

「パチンコを含めたギャンブルをしたことで借金が増えた場合には自己破産できない」という説明がよく行われるのは、それが免責不許可事由に該当するからです。

免責不許可事由とは、これに当てはまると原則として免責が認められないものとして法律が列挙した事柄です。

破産法252条1項4号は「浪費又は賭博その他の射幸行為をしたことによって著しく財産を減少させ、又は過大な債務を負担したこと」を免責不許可事由として定め、パチンコによる多額の借金はこれに含まれます。

3 裁量免責

そうすると、パチンコは免責不許可事由なので、やはり免責されないと思われるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

あくまで免責不許可事由は「原則として」免責が認められない事柄なので、裁判所は破産に至った経緯等の全ての事情を考慮して、例外的に免責を認めることができます。

これを、裁量免責と言います。

パチンコの頻度や年数、パチンコに使った金額、パチンコを止めてからの期間、反省の程度、今後の生活の見通し、破産手続き中の裁判所や破産管財人に対する説明や協力の態度等を総合して、裁判所が免責を許可することが相当と判断されれば、免責決定が下されます。

裁判所や破産管財人に協力的で、借金するほどパチンコをしたことを反省し、少なくとも自己破産をすると決めてからは浪費やギャンブルをしなければ、多くの場合、裁量免責が下されます。

4 自己破産をするかお悩みの方へ

パチンコを含めたギャンブルや浪費によって借金が増えても、自己破産ができる可能性は十分にあります。

自己破産をしようかお悩みの方は、当事務所までお気軽にご連絡ください。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

自己破産は当法人にご相談ください

自己破産という方法

自分では返しきれなくなった借金の悩みを解消する方法として自己破産があります。

破産という言葉から自己破産に対してマイナスなイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれません。

そのようなイメージから、自己破産になかなか踏み出せない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

自己破産は、生活を立て直し新しい人生をスタートさせる方法ですので、曖昧な知識やイメージで自己破産を避けてしまわずに、まずは自己破産についてきちんと知っていただきたいと思います。

自己破産について弁護士がご説明します

当法人にご相談いただきますと、自己破産を行った場合の解決の見通しをお伝えすることができます。

弁護士が直接自己破産についてご説明いたしますので、ご不明点や不安なことがございましたらその時にご質問いただければと思います。

自己破産に関する不安なお気持ちを少しでも解消できるように、丁寧な対応を心がけてまいります。

自己破産に詳しい当法人の弁護士がサポートいたしますので、ぜひご相談ください。

ご相談にお越しいただきやすいように、当法人の事務所は駅の近くに設置しております。

豊田にお住まいの方は、豊田市駅の近くにございます当事務所をご利用ください。

お問合せ・アクセス・地図へ