賠償額算定基準の種類|豊田で交通事故に強い弁護士をお探しの方はお気軽にご相談ください!

交通事故被害相談@豊田市駅

「損害賠償金(示談金)」に関するお役立ち情報

賠償額算定基準の種類

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

交通事故関連情報

傷害慰謝料

交通事故より生じる損害賠償請求権は,様々な損害項目の集合です。その中の損害項目の一つに,「傷害慰謝料」というものがあります。

傷害慰謝料は,入通院慰謝料とも呼ばれ,交通事故による受傷より生じる非財産的損害を金銭に換算したものです。

主に,①傷害による肉体的苦痛②入通院により行動の自由が制約されることによる精神的苦痛③入通院による制限により,社会活動(職業面での活動,家事等)が十分にできないことによる不利益が金銭的価値として評価されることになります。

具体的な算定方法は,「交通事故損害賠償算定基準―実務運用と解説―」(いわゆる「青本」)や「民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準」(いわゆる「赤本」)では,入院期間と通院期間を基準とした表が記載されており,その表に基づく算定方法をとることになります。

もちろん,入院期間と通院期間のみで慰謝料の総額が決まるわけではありません。

例えば,交通事故による受傷が原因で長期にわたって欠勤せざるを得なくなり,その結果勤務先を退職せざるを得なかったような場合,学生などが出席日数不足で留年したりした場合などは,前記の表に基づいて算出された金額に相当程度増額が認められる場合があります。

お問合せ・アクセス・地図へ