顧問医のご挨拶|豊田で交通事故に強い弁護士をお探しの方はお気軽にご相談ください!

交通事故被害相談@豊田市駅

顧問医のご挨拶

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

主治医とは別の医師に意見を求める場合

1 交通事故の怪我につき,主治医とは別の医師に診てもらうことはできるか

交通事故の怪我について,しっかりと治療をしていくため,また,もし後遺障害が残ってしまった場合にしっかりとした診断書を書いていただくためには,医師の協力が不可欠です。

交通事故の損害賠償請求においては,医師の見解が有利な証拠にも不利な証拠にもなります。

そのため,主治医が協力的でない場合には立証が十分にできず,不利な立場におかれる可能性が高くなります。

では,主治医とは別の医師に診察してもらったり,意見をもらったりすることはできるのでしょうか。

2 治療を始めたばかりの時期

治療を始めたばかりの段階で,主治医が協力的でなかったり,うまく信頼関係を築けなかったりした場合には,転院をすることをお勧めいたします。

治療を始めたばかりの段階であれば,転院を受け入れてくれる病院も多く,保険会社が治療費を支払ってくれている場合,保険会社も転院を認めてくれることが多い傾向にあります。

転院にあたっては,元の主治医に転院したい旨を伝えて,紹介状を書いていただくとスムーズに転院することができます。

3 治療を終える前の時期

主治医と治療の終了の時期等で意見が食い違い,別の医師の意見を聞きたいという方もいらっしゃるかもしれません。

この場合,交通事故の治療として受け入れてくれる病院はあまり多くありません。

受け入れてくれるとしても,その後の書類の作成等に協力していただけない場合も少なくありません。

もし,どうしてもという場合には,個々の病院で診断をしていただけるかどうかを確認する必要があります。

受け入れてくれる病院を見つけてから,主治医に紹介状を書いてもらい,診断を受けることをお勧めいたします。

4 交通事故で医師との関係にお困りの方は,弁護士法人心豊田市駅法律事務所まで

弁護士法人心では,交通事故を集中的に取扱う交通事故チームの弁護士が,個々の具体的なケースについて,どのように対応すればよいのかについてご説明させていただきます。

豊田で弁護士をお探しの方は,弁護士法人心豊田市駅法律事務所までお気軽にご相談ください。